PMSに悩まない|専門の病院で解決策を見出そう

乳児と婦人

人工授精でダメだったら

夫婦

体外受精を行うには、女性の卵胞を丈夫にまた数多く育てていかなければなりません。そのため排卵誘発剤が使われることになります。卵胞を育てていくためにはいろいろな方法がありますが、誘発剤をどの程度使用するかでその方法は違ってきます。大阪でも誘発剤を使用して、卵胞を育て体外受精を行っている人がいます。

readmore

妊娠中や産後に快適な環境

看護師

最近の産婦人科では、妊婦や産後の女性がリラックスして過ごせるような環境に力を入れています。大阪でもそのような産婦人科は特に人気があり、患者数も多い傾向があります。しかし、万が一のトラブルに備えた幅広い医療体制であることも、産婦人科選びとしては重要になってきます。

readmore

初めて妊娠した人へ

妊婦

妊娠を疑った際は、すぐに産婦人科で診てもらう事をお勧めします。というのも、子宮外妊娠、流産などの可能性があるからです。梅田の産婦人科に行けば、子宮や赤ちゃんの状態を詳細に検査してくれます。なので、安心して出産に臨めます。

readmore

月経前のつらい症状

女の人

PMSとは、月経前症候群のことで、月経の10日ほど前の黄体期と呼ばれる時期に出る症状のことを言います。月経が始まると症状は治まることがほとんどです。PMSの症状はさまざまで、代表的なものは便秘や下痢、胸の張り、だるさ、眠気、頭痛、のぼせなどがあります。また精神的にはイライラする、憂鬱になる、集中力がなくなるなどがあります。PMSになる原因は、生理前に分泌される女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンの影響だと言われていますが、はっきりとした原因はまだ分かっていません。ただ、ストレスや食生活の乱れ、飲酒や喫煙、睡眠不足などによって悪化することが分かっています。ビタミンやミネラルが不足している人も悪化しやすいと言われています。

PMSの対策としては、まず食生活の見直しが挙げられます。この時期にはカフェインの摂取を避けるようにしましょう。また、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを積極的に摂るようにしましょう。イライラの対処にはカルシウムやマグネシウムを多く含む食品を食べると良いでしょう。また、ストレスの発散や血行を良くするために軽い運動をするのもお勧めです。ストレスをためないようにし、しっかり睡眠と栄養を摂ることで症状を和らげることができるでしょう。それでも症状がひどいようなら婦人科の病院に行くことをお勧めします。このような症状で病院に行ってもいいのかと思う人もいるかもしれませんが、病院に行くことで改善することもあります。病院ではホルモンの検査をすることもできます。また漢方薬やピルの処方など、自分に合った方法を教えてくれます。