人工授精でダメだったら|PMSに悩まない|専門の病院で解決策を見出そう

PMSに悩まない|専門の病院で解決策を見出そう

妊婦

人工授精でダメだったら

夫婦

卵子に精子を振りかける

人工授精を繰り返し行っても妊娠しないときに、大阪では体外受精が適応されることになります。体外受精は体の外で受精をさせるため、女性の卵巣から卵子を採取してくる必要が出てきます。ですから治療周期には成熟した卵胞から卵胞液ごと採取して培養士が顕微鏡で卵子を探し出して、シャーレ上で精子を卵子に振りかけて受精を助けてやります。卵管が閉塞してしまっている人や、卵管の狭窄、精子の数が少ない人や運動している精子が少ない人に有効な方法になっています。この体外受精を行って妊娠する確率は約25%と言われています。人工授精で妊娠しなかった大阪のカップルは、この体外受精に挑戦して子供を授かろうとしている人たちが多くなっています。

誘発剤を使用して

不妊治療の中でも体外受精については、治療の始まりが排卵誘発の始まりとなってきます。排卵を誘発するために排卵誘発剤を使用します。排卵を誘発する方法にはロング法、ショート法、低刺激法、完全自然周期法があります。完全自然周期法は排卵誘発剤を使用しませんが、後の方法は排卵誘発剤を使用します。大阪の人もこのうちどれか一つの方法で体外受精を行っています。ショート法は治療の初めから誘発剤を使用して、発育してくる卵胞の数を多くしていきます。使用する薬の量を少なくして期間を短くすることがメリットです。ロング法は長期間誘発剤を使用して、卵胞を育てていきます。ショート法に比べて卵胞の数は少なくなりますが、質が良い卵子を採取することができます。低刺激法は生理の周期を崩さない状態で、低容量の薬を使い卵胞の発育を助けてやります。このような方法を使って良質の卵子を育てている大阪の人は多くいます。